「敏感すぎる」と他者との距離

(目次)

 

「敏感すぎる気質」が話題

www3.nhk.or.jp

はてなブックマーク」を見ていたら、「敏感すぎる気質」が話題になっていた。「ハイリー・センシティブ・パーソン(HSP)」という用語があり、感受性が強く、日常の刺激に過剰に反応してしまう気質のことをいうらしい。初めて知った用語だが、興味深かった。記事で取り上げられた元のツイートは以下のもので、リツイート2万6千、いいね3万5千もの数を集めている。

 

学生時代に書いたことと、現在

「敏感すぎる人」が多すぎないか?

上の記事で興味深く感じたのは、敏感すぎることについて学生時代に以下のようなブログ記事を書いたことがあるからである。

blog.goo.ne.jp

そのとき書いたことを簡単にまとめれば、最初は歩みが遅くても、気になる部分は納得のいくまで突き詰めることを諦めずに続けていけば、応用力も高まり、最終的に大きな成果を出せるということである。今振り返ってみても、基本的な考えは変わっていないように感じる。仕事をするようになって、途中段階を説明・共有し、意見を得ながらさらに完成度を高める、という進め方を意識することが加わったようにと思う。

タイトルで使われている「鈍感力」というのは、当時流行していた言葉で、敏感すぎることと裏返しといえる。ここでふと振り返ってみると、「敏感すぎる」の「すぎる」というのは、他者より人一倍強い、という自己認識が含まれているが、私の学生時代でも「鈍感力」という言葉が流行し、上のHSPについても2万、3万も拡散して共感を得ていることからすると、敏感なのは大勢の人に共通していることのようにみえる。そうすると、「人一倍強い」という自己認識の部分に関心が生まれてきた。

 

他者との距離が変わって

私自身、思春期以降、情緒不安定なところがあるな、と感じて過ごしてきたが、現在は随分と安定したと実感している。年齢を重ねると自律神経が安定していくというのがあるらしいが、個人的にはパートナシップ関係をよりよくできるようになってきた、というのが大きいように思っている。関係が深くなる前は人前でも臆せず話せて、積極的・社交的で、安定しているように見えていた相手でも、日常を共にしていると、気分の上下だったり、一人になりたいという時期が訪れたり、自分が嫌と思っていることは同じように嫌だと感じていることがわかったり、といった発見が多くある。様々なことで揺らぎがあるのは、皆同じことで、当たり前のことという感覚が強くなった。

このような体験からすると、普通は何かという認識のずれが悩みの一因になっているように思える。現代社会では、教育なり通念なりで「こうあるべき」といわれてきたことを内面化し、それが普通であり、そこから逸脱しているか否かという点に目が向きやすくなる。他者に抱く印象でも自己分析でも普通が基準になる。若者同士の関係は利害なく打ち解けてるようにもみえるが、自意識が強く弱みも見せたがらず、内面の究極的な部分は見せ合わないことも多い。下の記事のようによく言われる「SNS疲れ」でも、友人の楽しい一面をみて、劣等感を抱いてしまう。 

waramarogu.hatenablog.com

そうすると、大事なことは、辛いと思う状況や感情の揺らぎを規範で抑え込まずに当然生じるものとして認めること、 その点を共有できるパートナシップ関係を持つことになるだろうか。頭でわかるだけにとどまらず、揺らぎがある状態でもそのまま肯定される体験というのは、大きな喜びであり、その価値は大きい。自分の中の「普通」がより現実に近く書き変わっていくことで、やや離れた距離にある他者との関係で感じるストレスも緩和されてくるように思う。

 

つばさタイガー」 

猫物語 (白) (講談社BOX)

猫物語 (白) (講談社BOX)

 

規範の内面化といったことはフーコーで言われていたようにも記憶しているが、そういう方向に行くより、最後に好きな作品を紹介することにしたい。「猫物語(白)」は「つばさタイガー」という副題がついていて、物語シリーズの中で一番好きな話だ。名実ともに「優等生」の主人公が抱える闇を丁寧に描き出す。辛い境遇の中で主人公に巻き起こる負の感情は、自分でも意識されないうちに捨てられていき、好き嫌いの感情自体なくなっていく。その捨てられた感情は積もり積もって怪異となる。主人公はそのことを自覚し、認め、受け入れることで人間を取り戻していく。物語シリーズでは、型にはまったキャラクターが抱える闇の部分を描く作品が多い。特に「囮物語」と「恋物語」は、いわゆる「かわいこちゃん」と「ヒール役」が抱える闇の部分が描かれていて、これらも好きな作品である。